□title list□
 ※水色部分にカーソルを合わせると
 メニューが出ます

※高杉高校時代

笑顔を見たいから


今日は2月14日ッス。言わなくても、何の日かはわかるッスよねェ?要するに、バレンタインデーッス。乙女がみんなチョコに想いを託して告白できる1年に一度のチャンスッス。…なんて。

当然あたしは晋助先輩に本命チョコ!なんスけど、先輩は、甘いモノが苦手だから、ビターチョコをセレクトッス。え?兄貴の分?そんなのないッスよ!あるわけないッス!…っていうか、どうせアイツは食べ切れない程もらってくるッスよ、アタシのなんか無駄ッス無駄。

それを言ってしまったら、アタシが晋助先輩に渡すこのチョコも無駄なんスけどね。だって先輩が好きなのは兄貴だし、ラブラブだし、先輩女に興味ないし…。でも、それを言ってしまうと、哀しくなるから考えないでおくッス。

いつも同様、遅刻ギリギリで学校に着いたら、3年生の玄関前はすごい人。女の子ばっかり。ソワソワしてる様子がめちゃくちゃわかるんスけど。残念ながらうちの馬鹿兄貴は、まだ朝ごはん食べてたッスよ?間違いなく遅刻すると思うから、待ってても無駄ッスよ。ホームルーム始まるッスよ。

いや、もしかしたらあの馬鹿兄貴は、この玄関前の状況を予測していて、わざとゆっくり朝ごはんを食べていたのかもしれないッス。

「また子〜!おはよう!」
人だかりの中から、あたしを発見して寄ってきたのはハム子。お前もこういう行事には絶対参加ッスね、本当、好きッスね。

「河上先輩はァ?」
チョコ買ってきたのにィと言いながら、デカイ声で話すもんだから、人だかりがこっちに注目してるッス。って言うか、ハム子が持ってるチョコ、ゴディバッスよ!高校生がゴディバって、やっぱコイツお嬢ッス。でもごめんハム子、多分そのゴディバは、あたしとうちの母親の口に入るッス。

「馬鹿兄貴ならまだ朝ごはん食べてたッス」

まだまだ来ないから教室行こうって、あたしはハム子の腕を引っ張って階段を上がったッス。あたしの言葉を聞いて、とりあえず朝のうちに渡すのは諦めたのか、人だかりの半分くらいは階段を上がって来たッスよ。

教室に着いたあたし達を待っていたのは、残念ながらこれも予想通りの展開だったッス。

「また子ちゃん、お願いっ!」
中学の3年間はもとより、小学校の5年生くらいからこんなんだったッス。

「あたしのもお願い」
「あたしも」
「あたしもっ!」

あっという間にあたしの机の上は、チョコで山積みになったッス。これ全部、兄貴あて。っていうかー、自分で渡せないんだったら、諦めたらいいッスよ。

こうなる事態がわかってたあたしは、鞄の中からセシルマクビーのショップ袋を取り出して、適当に全部詰め込んだッス。毎年のことッスからね。

「ハム子の分も渡しといてあげるッスよ?」
「えーっ、どうしよう?」

太った身体を揺らして考えていたハム子だけど、やっぱり直接渡したいから、またちゃんがお兄さん呼び止めてよ、だそうッス。もちろん、他の子達には聞こえないように小声で。別に、ハム子だったら構わないッスよ。他のヤツらのために、は無理ッスけど。面倒臭いッス。

***

電話してもメールしても返答がなくて、晋助先輩が学校に来てるのかどうかもわからないまま、放課後になってしまったッス。

どうやら馬鹿兄貴は、まだ教室でチョコ攻勢にあってるみたいだったから、ハム子を連れて2階に降りて行ったッス。

「おーい、こらァ、馬鹿兄貴ィ」
3Aの教室の入口から呼んでやると、女の子に囲まれていた兄貴は逃げるようにこっちに向かって来たッス。

「ハム子が直接渡したいって」
「河上先輩っ」

モジモジしながらゴディバを差し出したハム子に、満面の笑みを見せる兄貴。兄貴も兄貴だけど、ハム子お前、似合わないッスよ、そのモジモジ具合が!

「ありがとう、嬉しいでござるよ」
(嘘ばっかり)

あたしはあたしで、主に1年の子から預かったチョコがいっぱいの、例のショップ袋を渡そうと思ったら、兄貴が急にあたしの腕を引っ張って、廊下に連れ出したッス。

「またちゃーん」
「あー、ハム子、ちょっと待ってろッス」

廊下の一番端まであたしを連れ出した兄貴の勢いがすごいッス。さっきまでの愛想笑いは消えてるし。その剣幕に、誰もついて来なかったくらいッス。

「また子、晋助見てないでござるか?」
わざわざ2人っきりになりたがるんだから…って、予想はしてたんスけどね。

「あたしも兄貴に聞こうと思ってたッス」
電話に出ないしメールは返事ないし、学校に来てるかどうかもわからないって言ってやったら、兄貴も同じ状態だったみたいッス。

「晋助も拙者と同じ状態かと思ったが違うようなのでござる」
学校に来てるのは間違いないだろうと馬鹿は言う。『寝坊しちまったァ、やっと電車乗ったァ』って、2時間目に晋助先輩から兄貴におはようメールがあったらしいッス。

「また子、拙者はまだ動けそうにないんでござる」
だから拙者の代わりに晋助を探して欲しいって、お前の代わりじゃなくてもそうするッスよ!あたしにはあたしの用事があるッスからっ! 「頼んだでござるよ」

あたしのショップ袋を受け取った兄貴はまた、いつものよそ行きの顔を作って教室に戻って行ったッス。女なんてみんな大嫌い…くらい思ってるくせに、笑顔で1人1人からチョコを受け取るなんて、さすが馬鹿はやることが違うッス。どうせチョコを受け取るってのを餌にライブの宣伝したいだけなんスけどね。いや、根性あるッスよ、アレ。我が兄貴ながら。

「また子ォ?」

待たせていたハム子が呼んでるッス。一瞬だけ、ハム子に晋助先輩を探すのを手伝ってもらおうかと思ったんスけど、もしも先にハム子が先輩を見つけてしまったら…と考えて、あたしは晋助先輩のことはハム子には黙っておくことにした。

「またちゃん、どうする?」
「あたしはちょっとまだ用事があるッスよ」
「そうなんだ。わかったわん」

今日はありがとうね、あたしは帰るわァって、あっさりハム子が引いてくれたから助かったッス。一度教室に戻って、鞄を持って。もちろん鞄の中には晋助先輩宛てのチョコが忍ばせてあるッスよ。

***

この時期は寒いからないだろう…とは思いながら、一応一番近い屋上から晋助先輩を探すッス。やっぱ2月の屋上なんて寒すぎッスよ。2Eの教室を覗いたら、晋助先輩の鞄だけがあって、学校にはいるみたいだってことはわかったッスけど。晋助先輩の机の上もチョコの山。
兄貴より、数は少ないけど、パっと見ッスけど、晋助先輩宛てのチョコには、ほとんど全部ラブレターがついてるっぽいッス。あー、あたしも手紙書いてくるんだったァ。

やっぱりアレッスか、こうなったら図書室しかないッスよ。古典でも読んで夢中になってるんじゃないッスか?

そう思いながら図書室をくまなく探すけど晋助先輩は見当たらない。いくら先輩が小さくても、こんな本棚と壁の隙間には入れないッスよねェ…。って、これ本人に言ったら殴られるッス(兄貴に)。

本気で晋助先輩が見当たらなくて、あたしは文字通り校舎の中をくまなく探して歩いたッス。普段全く縁のない華道部や茶道部の部室まで。部活中の子に聞いて探しまくったッス。

(先輩どこッスか?)
相変わらず電話には出てくれないし、メールもない。うちの学校は、校舎の造りが体育館も含めたらロの字型になってるッスけど、普段誰も行かない西側の端。あたしは、とうとう誰も行かなすぎてロの字型になってることも知らない子もいるくらいのエリアしか残ってないって確信を得るまで探したッス。

こっち側は、資料室とかばっかりで、本当に誰も近づかない。一番奥に階段があって、1階まで降りたら体育館の裏に出て、渡り廊下で体育館と繋がってるなんて。多分あたしだって、兄貴がいなきゃ知らなかったと思うッス。

4階の資料室の前まで来た時、明らかに折れたドアノブに気がついて、あたしは『まさか?』と思ったッスよ。教室の名前を確認したら、美術科資料室。いやいや、先輩だったら古典資料室か、書道資料室かなんか、その辺だろうと思ったッスけど(その資料室に何があるのかはあたしには全くわからないッス)。まさか美術?と思いながら恐る恐る壊れたドアノブを無理矢理回して、中を覗いてみたッス。

(あ…)
ドアが開いたことに気がついて、慌てて顔を上げた赤い髪の毛の先輩と、思い切り目が合ってしまったッス。

***

油絵の具臭い資料室の中で、でっかいキャンバスに囲まれて膝を抱えた晋助先輩の隣に座ったッス。見つけた瞬間に、目が真っ赤…な気がしたけど、やっぱりそうみたいッス。先輩泣いてるッス。

「何しに来たんだよっ」
精一杯強がってみせるような声だけど、涙混じりッスよ先輩。バレバレッス。
ってか、先輩が泣くなんて、あの馬鹿兄貴何かしたッスか?

「それより、愛の力で先輩を見つけたんだから、褒めて欲しいッスよ」
「何が愛の力だ、馬鹿」
いや、先輩。あたしかなり本気なんスけど。

「先輩、馬鹿兄貴が何かしたッスか?」
体育座りで、膝に顔を埋めたまま晋助先輩は首を横に振った。

「ガッコ、休むんだった…」
まだ万斉はチョコもらってたか?って聞かれて、一応携帯で時間を確認して。あたしが晋助先輩を探し始めてから1時間は経ってるんスけど、兄貴から連絡がないってことはそうなんだと思う。

「教室で女に囲まれてたッス」
「………………」

もしかして、先輩。兄貴のモテっぷり(女に、だけど)見て、こんなにへこんでるッスか?こんなに泣いてるッスか?

確かに、いくら女には興味のない2人とは言え、自分の恋人があんなにモテてる姿見たって、いい気分はしないッスよね。しかも晋助先輩の性格を考えたら尚更。兄貴は、本気で昔っからこれっぽっちも女には興味ないッスけど、それはあたしが妹だから知ってるのであって。
もしも満面の笑み(ライブの宣伝って下心アリアリの作り笑いなんスけど)で1人1人からチョコを受け取る兄貴を晋助先輩が見たのだとしたら。やっぱりアイツは自分より女の方がいいんじゃないかって、心配してへこむのも納得ッスよ。

「先輩も、今からあの馬鹿にチョコ渡したらいいッスよ」
どうせ兄貴がもらったチョコはあたしとうちの母親が食べるッスよ、毎年ッスよ!でも兄貴は、先輩からのだけは絶対自分で食べると思うッスよ!って。あたしは早く先輩にいつも通り笑って欲しくてそう、まくし立てていた。

「…だって、買ってねェもん」
忘れてたんだって言いながら鼻水をすする晋助先輩にティッシュを渡してあげたッス。グスグス泣きながら鼻をかむ晋助先輩も、ヤバイくらい綺麗ッス。

ってか。ティッシュを渡すために鞄を開けて、あたしは気付いてしまったッスよ。ここに、あるッスよ、チョコレート!

「晋助先輩。これで良かったら、兄貴に渡したらいいッスよ」
本当はコレは、晋助先輩にあげるつもりだったあたしの本命チョコ。ゴディバ程高くはないけど(ゴディバもピンキリッスけどね)、先週百貨店で、先輩のために一生懸命試食しながら探した、一番甘くなくて一番美味しかったチョコッス。そりゃあ、悩まなかったかって言われたら、嘘になるッス。でも、あたしは晋助先輩に笑って欲しかったッス。

「でもお前、…それはお前が、誰かに渡すのに買ったんじゃねェのかよ?」
「もういいッスよ」

だってもうこの時間ッスよー!放課後ッスよー!渡しそびれたまま、多分もう、帰っちゃったと思うッスー!なんて。あたし女優になれるんじゃないッスか?

「本当に、もらっていいのか?」
「いいッスよ!だからもう、先輩泣かないで欲しいッス」
「だっ、誰が泣いてんだよっ!馬鹿っ!」

顔を真っ赤にして怒る先輩だけど。さっきあたしのティッシュで鼻水かんだッスとは言わなかったッス。いつも通りの先輩に戻ってくれたのが嬉しかったッスから。

「さ、先輩。馬鹿に電話して呼ぶッスよ」
ここなら絶対誰も来ないし、呼んでやらないと兄貴はいつまでも教室から出れないッス、って言ってやって。

「また子。…ありがとうな」
あたしのチョコを抱えて嬉しそうに笑った晋助先輩の笑顔がとってもきれいで。あたしが聞きたかった本来の意味とはちょっと違ってしまったけど、あたしはそれでいいやと思った。報われないことなんか最初から知ってたッスよ。晋助先輩が幸せなら、あたしそれが一番いいッスよ。

晋助先輩が電話をかけて、ショップ袋を3つ抱えた兄貴が資料室にやっと到着。5分で済ませろって、あたしは資料室の外に出たッス。いやだって、晋助先輩からのチョコなんてもらった兄貴が、嬉しさのあまり抱き着いてキス…なんて、わかりきってたッスから。

約束よりはちょっと遅くて、7分で晋助先輩と兄貴は資料室から出てきたッス。ショップ袋の方は、ほとんど引きずる勢いなのに、あたしがあげて、兄貴に渡ったチョコだけは、兄貴は大事そうに抱えてた。さっさと鞄の中に入れろッス。

嬉しそうに兄貴にくっついて資料室から出てきた先輩見て、あたしは『これで良かったッスよ』と、納得することにしたッス。

一度2Eの教室に行って晋助先輩の鞄と机の上の山積みのチョコを回収して。3人で手分けして、兄貴は2人乗りだから、あたしの自転車の籠にも入れて、大量のチョコをうちまで運んだ後、兄貴は晋助先輩の家に泊まりに行ったッス。まァ、せっかくのバレンタインだし、2人共ヤルことはヤリたいッスよね、そりゃ。

あたしが兄貴からのメールを受信したのは夜中だった。

『すまなかったでござる。あのチョコは、ちゃんと半分晋助に食べさせたでござるよ』

晋助先輩は結局、本当はあたしからもらったチョコだったんだって話してしまったみたいかった。まァ、先輩の性格なら話すんだろうなって思ってたッスよ。そしてそれを聞いて、兄貴はあたしがチョコなんか持ってた理由に気付いたらしいッス。

『晋助先輩に免じて、貸しといてやるッスよ』
兄貴が家に置いて行った大量のチョコをつまみながら、そう返信してやった。


END






















No reproduction or republication without written permission.