□title list□
 ※水色部分にカーソルを合わせると
 メニューが出ます

質問はこちらよりお借りしました!
※拍手リクエストにより大学パロの4人です!『坂高・沖土・武似・桂銀』前提

3人以上で20の質問☆攻編


01「はじめまして皆さん、お名前をどうぞ?」
坂本「坂本辰馬じゃあ〜」
沖田「沖田総悟でさァ」
武市「武市変平太と申します」
桂「桂小太郎だ」
沖田「桂んトコ、アンタがタチだったんですかィ?」
桂「俺達はリバ同士だからな…。でも、今のところ、俺が攻めることの方が多いからな、俺が呼ばれたんだろう」
坂本「そうだったんじゃ…(軽くショック)」

02「了解☆皆、現在恋人とは付き合ってどれくらい?」
坂本「わしは1年ちょいくらいかのぅ」
沖田「間1ヶ月抜けてますけどねィ」
坂本「それは言わんでえいじゃろ〜?だいたいわしは、別れるって認めた覚えはないしのぅ」
武市「私のところは約2年になります」
桂「俺達は3ヶ月くらいだな」
沖田「へェ、俺らんとこが一番長ェですねィ」
坂本「沖田君どんくらいなんじゃ?」
沖田「6年目でさァ」
桂「長いなぁ」
武市「それは長いですねェ。羨ましい」

03「へぇ、じゃあ最終どの位付き合いたい?」
坂本「わしは死ぬまでじゃ!」
沖田「俺だって、一生別れるつもりありやせんぜィ」
武市「私も。お二方と同じ意見ですよ」
桂「……銀時と相談してみないとな……。別れるつもりはないんだが…」
武市「我々が卒業してしまったら、会うのも難しくなりますからね」
桂「社会人と学生になったらなァ…。まして地方の支社にでも配属になったら…(遠距離には自信ありません)」

04「あ、ちょっと意外…!じゃあぶっちゃけ誰の恋人が一番可愛いとかタイプ、とかあったりして〜?」
坂本「当然晋じゃ!晋が世界一の宇宙一じゃき!」
武市「そりゃあ坂本さんはそうでしょうけど…」
沖田「それぞれ、自分のパートナーが一番だって、そう思ってりゃいいんじゃねェですかィ?」
桂「それはそうだろう!俺だって銀時が一番だ」
坂本「それもそうじゃの〜!3人共譲る気なさそうじゃしのぅ」
沖田「いや、でも高杉はカワイイと思いやすぜィ」
桂「晋助は、けっこう昔からあんな感じだぞ?」
坂本「なっ…!?桂っ、沖田君、許さんぜよー!」
武市「かわいいって言われただけじゃないですか、坂本さん…」

05「ふふ、逆に普通に友達、な受けは?」
桂「晋助は幼なじみだからな」
坂本「わしは、似蔵とは元から友達じゃしのぅ」
武市「似蔵さんは、あんまり昔の話はしてくれないんですよ」
坂本「おんしが聞かんのじゃなかか?」
武市「それもありますけど…」
桂「武市は、あんまり昔の話とか聞かなそうだよな」
武市「聞いてどうなるものでもありませんからね」
沖田「俺は高杉は友達だと思ってまさァ!」
坂本「ほんに、それだけかの?」
武市「坂本さん、どうしてそんなにさっきから、沖田さんに突っ掛かるんです?」
沖田「高杉と坂本が付き合う前、俺と高杉がセフレだったからでさァ」
武市「ほぅ、それはまた…!」
桂「そうらしいなぁ。晋助がそこまで悩んでたとは、俺も知らなくてな」
沖田「今はもう、なんにもねェから安心して下せェ」
坂本「じゃったら、えいんじゃけどの…」

06「ふーん…自分の恋人の自慢できるところは?」
沖田「十四郎は、素直なんでさァ。俺の前ではねィ」
武市「あ、似蔵さんもそうですよ?私の前でしか見せてくれない表情とかあるんです」
坂本「そんなん晋にだってあるぜよ!晋はのぅ、とにかく真面目で一生懸命なんじゃ!何をするときも!」
沖田「だったら十四郎はお節介なくらい心配性ですせィ?十四郎がいなきゃ、坂本んとこの喧嘩の仲裁なんざ、してやせん」
坂本「それは…。すまんの、沖田君」
武市「似蔵さんは、皆さんのパートナーの誰よりも、車やバイクには詳しいと思いますよ。それは自慢できますね。時々遠出するんです」
坂本「おー、そう言えば似蔵、昔からF1やmotoGPとか好きじゃったの〜」
武市「桂さん?」
桂「いや…。自慢…自慢…自慢…(ここで言ってもいいことはないような気がしてきた)」
坂本「銀時は、こん中じゃあ、一番前向きなんじゃなかか?」
桂「そ、そうか?(ホッ)」
沖田「細かいこと気にしやせんからねィ」
武市「沖田さん…」
桂「言っておくが、ここでは言えないことならたくさんあるんだからな」

07「……。こいつしか居ないって思ったりする?」
武市「当たり前ですよ」
坂本「当然わしもじゃ!」
沖田「十四郎以外考えられやせん」
桂「俺だって、もちろんだ!」

08「そっか♪恋人のどんなところが好き?」
坂本「ぜーんぶじゃ!中も外も、晋の全てが大好きじゃ!」
武市「坂本さん、それじゃ答になってませんよ。私は、似蔵さんの意外に甘えたがりなところが一番好きですね」
坂本「あの似蔵がか?(長い付き合いだが知らない一面)」
沖田「十四郎はドMなんでさァ。俺の前でだけ本性出すのがかわいくてねィ」
坂本・武市・桂「………………(誰も突っ込めない)」
桂「銀時はなァ、ああ見えてやるときはやるんだぞ?意外と頼りになるんだぞ!」
沖田「それはなんとなくわかりやすねィ」
坂本「そうじゃの、なんだかんだ言って、晋助も頼っとるしの」
桂「学校では一番近くにいるからな、銀時が」

09「ふーん…皆の中でこいつとは自分の恋人を二人きりにはさせないって人は誰?」
武市「私はいませんよ。大丈夫ですから」
坂本「わしは断固沖田君じゃ!あと、桂も怪しいのぅ」
桂「あのな、坂本…。それを言ったら、俺はお前だ、坂本!銀時は最初、お前が好きだったらしいからな!」
坂本「知っとるぜよ。じゃけどわしにはどうにも…」
沖田「俺も敢えて言うなら坂本ですねィ。あと、武市は服装次第でさァ、十四郎は」
武市「そうなんですか…?(土方君が眼中にないのでよくわからない)」
沖田「あんた、微妙に服装次第で十四郎のタイプのはずでさァ」
坂本「あと、晋助と似蔵を2人きりにさせるのも危ないぜよ!晋助が似蔵は大丈夫って思ってるふしがあるからなおさらじゃき!」
武市「似蔵さんは大丈夫ですから!できないことはないらしいですけどね」

10「まじでー?これから長く付き合うにあたってやっぱ出てくる質問に移るけど大丈夫?」
坂本「もちろんじゃき」
沖田「ぶっちゃけていいらしいですからねィ」
桂「なんでも聞いてくれ!」
武市「私も構いませんよ」

11「よしきた☆じゃあまず、今の恋人が始めて?」
桂「男とはな…。銀時が最初だ」
坂本「わしは違うぜよ〜」
武市「私もです」
沖田「一応最初みてェなもんですかねィ。途中までならあるんですけどねィ」
坂本「途中ってどこまでじゃ?」
沖田「秘密でさァ」

12「えっ、そーなんだ!?向こうは?」
武市「似蔵さんは、受け身は私が初めてですよ」
坂本「そうじゃあ、それは本当じゃよ!似蔵バリタチじゃったもん」
桂「銀時はそこそこ経験があったみたいだぞ」
沖田「十四郎は俺が初めてでさァ!セックスは男も女も経験なかったらしいですからねィ」
坂本「中学生から付き合っとったら、そうじゃろうのぅ。晋助は、最初は河上君らしいて」
桂「そうなのかっ?」
武市「坂本さん、『相手の最初が誰』とまでは聞かれてませんよ…」
桂「河上とそういう関係だったのか…」
沖田「なんでィ、アンタ知らなかったんですかィ?」

13「ふーん…どこでするのが一番多い?」
坂本「やっぱ家じゃろ」
沖田「俺らんとこと、坂本んとこは一緒に住んでますからねィ」
武市「私は似蔵さんの部屋です。私が実家ですから」
桂「俺達も、銀時は伯母さんのところだから。俺の部屋ばかりだな」

14「そうなんだ…!何言われたらぐっとくる?」
武市「やっぱり『好きです』って言われるのが一番でしょうかね」
沖田「俺は『抱いて』の方がやられまさァ。十四郎からなんて、滅多に言いやせんけどねィ。言われるってことは相当いろんなもんが溜まってる証拠だから、多少無理してでも頑張りまさァ」
坂本「溜まってる…?」
桂「ストレスとかだろう?」
坂本「わしは…何じゃろうかのぅ?やっぱり『愛してる』って言われるとヤバイかのぅ」
桂「俺は『俺のお兄ちゃんしてよ』って言われた時に、だいぶきたな…」
坂本「銀時、そんなん言うんじゃの〜」
武市「意外ですね。坂田さんも甘えたなんですねぇ」
桂「そうだな(甘えてもらった方楽なんです)」
沖田「甘えたがりばっかりですねィ」
坂本「甘えたいからネコになるんじゃなかか?」
桂「そういうものなのか…(メモしておこう)」

15「うんうん、ぶっちゃけそうゆう事、好き??」
沖田「そういうことってセックスですかィ?」
坂本「そうじゃろうの。わしは晋とするえっちは大好きじゃ!できるなら毎日何回でもしたいぜよ」
武市「高杉君が壊れてしまいますよ、坂本さん!あんなに細いんですから」
坂本「わかっちょるぜよ…(へこむ)」
沖田「でも、俺もできるなら毎日って思いやすから、坂本と一緒ですねィ」
武市「そりゃあ私だって!似蔵さんとだから好きなんですよ」
桂「俺は難しいところだな…。俺達の場合、どっちがどうするかでも変わってくるからなぁ(自分が受け身するのは痛いからあんまり好きじゃありません)」
沖田「リバって難しいですねィ」
桂「そうでもないんだがな。俺が攻めでいいのなら問題はない」

16「うぉ!そうなんだ〜!恋人の性感帯はどこっぽい?」
坂本「晋は全身なんじゃけど、断然首筋が一番敏感じゃの。未だに鳥肌立てとるからのぅ」
沖田「十四郎は乳首がスイッチなんでさァ。もちろん、高杉と一緒で全身あちこち感じるんですけどねィ」
武市「似蔵さんは…。きっと背中だと思いますよ。反応ありますから」
桂「銀時は…。アイツ意地張って限界まで声出さないからなぁ…」
坂本「桂ァ。……………ごにょごにょごにょ」
桂「太腿の内側?今度やってみよう!」
武市「坂本さん、どうして人のパートナーの性感帯なんか知ってるんですかっ!」
沖田「そうそう、彼氏が知らねェってのに」
桂「ハッ!?坂本ぉーっ!!」
坂本「アッハッハー」

17「へぇ…じゃあ実は俺こいつなら抱けるって受けは?」
坂本「わしはするだけなら誰でもえいんじゃけど…。似蔵だけは無理じゃの。昔からいろいろ知り過ぎじゃ」
沖田「俺も。やるだけなら誰でもできますぜィ」
武市「私は無理です。そういう気になりませんから」
坂本「なんか武市かっこええのぅ」
桂「俺も武市と同じ意見だ。…と言いたいところだが、晋助とはしたことあるからなぁ…」
坂本「桂ァーっ!!!」
桂「だからっ、あの時はお前が泣かせたから悪いんだろうがっ!俺は乗っかられたんだっ!忘れたのかっ!」
沖田「あ、俺も押し倒されたことありやすから、わかりまさァ」
坂本「沖田君っ?」
沖田「そん時は断りやしたぜィ。泣かれたけど」
桂「そうそう、乗っかっといて『辰馬辰馬辰馬ー』だからな、あいつ。武市はないのか?」
武市「坂本さんと喧嘩して、似蔵さんのところに家出してきたことはありますよ」
坂本「何にもしとらんじゃろうなっ?」
武市「似蔵さんとあなたを一緒にしないで下さいよ」
桂「元をただせば、坂本。お前が泣かせるから悪いんだろうが」
坂本「………(激ヘコみ)」

18「すごいなぁ…今ざっとメンバー見てこいつのテクニックよか自分のがすごいって思う人とかいる?」
沖田「十四郎を泣かせるのなら、誰にも負けやしませんぜィ」
武市「それは勝たなくていいですよ」
坂本「まー、こればっかりは人それぞれじゃからのぅ」
桂「相性の問題もあるだろう?」
沖田「でも、ぶっちゃけテクニックだけで言ったら坂本が一番ですかねィ」
武市「ああ。坂本さん、場数踏んでますからね」
桂「そうだな、お前には負けるだろうなァ」
坂本「なんじゃなんじゃ?全会一致がか?」
沖田「そうですぜィ」

19「言い切ったなぁ!じゃあ最後になにか読者様に☆」
坂本「わしはみんなが思っちょるほど浮気しちょらんぜよ!!」
武市「私と似蔵さんのことは、そっとしておいて下さい」
沖田「十四郎にやらせたい恥ずかしい格好やプレイ募集中!」
坂本「沖田君、そない言うたら、マニアックなの来るんじゃなかか〜?」
沖田「いいでさァ、やるかどうか判断するのは俺ですからねィ」
桂「この中では一番付き合いも短いし、目立たないかもしれないが、忘れないでくれ」
沖田「それ、読者より筆者に言った方がいいんじゃねェですかィ?」
武市「大丈夫ですよ桂さん。そのうち集中攻撃で色々暴かれますから」
沖田「俺らんとこなんか、まさに集中攻撃ですからねィ」
武市「(かなり納得した顔で深く頷く)」
桂「そ、そうなのか?…それも…」

20「それからあなたの恋人に…vv」
坂本「晋助、愛しとるぜよー!」
沖田「十四郎、お前は一生俺のもんでさァ」
桂「銀時、好きだぞ」
武市「似蔵さん、ずっと一緒にいましょうね」
坂本「やっぱりなんか武市、キレイじゃのぅ…」


お疲れ様でしたァ



拍手リクエストありがとうございました!






















No reproduction or republication without written permission.