□title list□
 ※水色部分にカーソルを合わせると
 メニューが出ます

※大学パロの桂銀です

カップルに20の質問-桂銀篇


Q1:名前をどうぞ
銀時「坂田銀時でぃーっす!」
桂「桂小太郎だ」
銀時「ねぇねぇ、なんか早く銀さん達のもやってって、リクエスト来たらしいよ?」
桂「そんなに俺達、注目されてるのか…?」
銀時「そうみたいだよー!なんか銀さん人気者っ!」
桂「最近、集中攻撃だからなァ…」

Q2:年齢は?
桂「大学4回で22だ」
銀時「銀さんは、誕生日来たらハタチになるよぅ。まだ2回だから」

Q3:あなたの性格を教えて下さい
銀時「銀さんはァ、結構アバウト。細かいこと気にしない」
桂「…と言いながら、実は気にしてるタイプだろう?」
銀時「えっ…?そうかな…」
桂「俺の前では素直になっていいんだぞ」
銀時「銀さん素直だよー、いつも!」
桂「よしよし(頭撫で撫で)」
銀時「んっ(猫みたいに擦り寄る)」

Q4:相手の性格を教えて下さい
銀時「ヅラは真面目でカッチカチ」
桂「ヅラじゃない、桂だ!」
銀時「頑固だし筋通さなきゃ気が済まないし」
桂「銀時、それは褒めてるのか?けなしてるのか?」
銀時「銀さんいい加減だからさァ、全然違うなァと思って、褒めてんのよ」
桂「言っておくが俺は、お前がいい加減だなんて思ったことは一度もないからな」
銀時「ヅ、ヅラ?」
桂「お前が頑張ってるのは、俺が知ってるから」
銀時「…………(何にも言えなくなっちゃった)」

Q5:二人の出会いは?
桂「坂本のところの飲み会に、晋助が連れて来たんだ」
銀時「うん。晋ちゃんがさァ、『今日飲み会あるんだけどお前も来るか?』って」
桂「その日バイトなかったのか?」
銀時「うん、たまたま休みだったから、授業の後、晋ちゃんに電話してみたんだァ。真っ直ぐ帰るのもなんか寂しかったし」
桂「まぁ、あの頃はまだ1回生は晋助しかいなかったからな。増えて良かったんじゃないか」
銀時「学部も学年もバラバラな知り合いがあんなにできると思わなかったなァ」
桂「東城にいたっては学校まで違うからな」

Q6:その時の第一印象は?
銀時「男?女?髪の毛長ァー!って」
桂「俺は、晋助が連れて来た割に、よくわからないやつだなと思った」
銀時「今もわかんない?」
桂「今は、もういろいろ知ってるからな、心配するな」
銀時「銀さんが本性出しても嫌いにならない…?」
桂「なるわけないだろうが。むしろ見せてくれといつも言っているじゃないか」
銀時「うん。ヅラ、大好き(後ろから抱き着く)」
桂「よしよし(銀時の手を撫で撫で)」

Q7:相手のどこが好きですか?
銀時「銀さんがこうやって甘えても怒らないトコ(まだ後ろから抱き着いてます)」
桂「怒るわけないだろうが…。俺は甘えてもらった方が楽なんだ」
銀時「うん、だから好き。ヅラは?」
桂「俺は逆にお前がそうやって、2人でいる時に甘えて来るところが好きだ」
銀時「ホントに?」
桂「ああ。その方が年下らしいだろう?」
銀時「ヅラって、やっぱりお兄ちゃんだよね」
桂「晋助と同じこと言うんだなぁ」
銀時「だって、ホントにそう思うんだもん」

Q8:相手のこんなところは嫌いってのは?
銀時「ちょっとヅラって融通きかないよね」
桂「悪かったな。…だから俺は、ヅラじゃないと何度も言っているだろうが!」
銀時「あだ名で呼ばれんの、イヤ?」
桂「もっとマシな名前はなかったのか!」
銀時「じゃあ、コタ。…いや、なんかやっぱりそれは可愛い過ぎるなァ…」
桂「………。もう、なんでもいい」

Q9:告白はどちらから?
銀時「銀さんからでっす」
桂「正直驚いた…ってのが本音だな」
銀時「あん時、俺がどんだけ緊張したと思って…」
桂「だってお前、無理矢理ヤっといて、次の日には急によそよそしくなったりしてたじゃないか。だから何考えてるかわからなくて」
銀時「だって…。嫌われたかもって思ったから、どうしたらいいかわかんなかったんだよ」
桂「それくらいで嫌いにはならないから、安心しろ」
銀時「うん。今は知ってる」

Q10:相手をどう呼んでます
桂「銀時、だな。ずっと」
銀時「ヅラって呼ぶのはどうやら不評みたいなんだけど」
桂「当たり前だ」
銀時「でもー、今更呼び方変えるのとか難しいんだけど…」
桂「……もう、好きにしろ」
銀時「じゃあ、やっぱりヅラ」
桂「ヅラじゃない、桂だ」

Q11:初デートはどこですか?
銀時「学校の食堂か辰馬ん家」
桂「それは違うだろうが!」
銀時「どれが初デートになるのかなぁ?」
桂「あれじゃないか?学校終わってから2人だけでご飯を食べに行ったアレ」
銀時「定食屋じゃん!…なんか、もっと、こう…」
桂「じゃあ今度、改めてどこか行くか」
銀時「そうしよっか」

Q12:よく行くデートスポットは?
桂「二丁目で飲んでるか、坂本のところで飲んでるか」
銀時「あとはケーキの美味しいカフェに銀さんがヅラをラチったり…」
桂「俺は、お前ほど甘いものは食べないんだぞ」
銀時「だってー。……でもさ、基本ヅラの部屋でまったりしてるとかで、あんまりどっか行ったりはしないよねェ」
桂「普段からバイトばかりであんまり家にはいないんだからな、お前は。休みの時くらい家でゆっくりしておけ。でないと倒れるぞ?」
銀時「ヅラ…(優しさに感動)」

Q13:好きなタイプってあります?
桂「これは男の話か?そうなのか?…俺にはよくわからん」
銀時「いちお、あるのはあるんだけど…」
桂「ほぅ。どんなのが好みなんだ?」
銀時「銀さん年上が好き。結構、50代くらいのおじさんとかでもイケちゃうよ」
桂「そうだったのか…?(ちょっとショック)」
銀時「でも、今はヅラが好きなタイプ」
桂「俺だって、もしお前と別れた後で、また男と付き合えるかと言われたら、わからん」
銀時「別れるとか言わないでよぅ(半泣き)」
桂「そんなつもりで言ったのではないぞ。心配するな」
銀時「ホント…?」
桂「当たり前だろうが。ホラ、こっち来い(まだ後ろから抱き着いてた銀時を逆に抱っこ)」

Q14:二人のことを周りは知ってますか?
桂「坂本や晋助達はみんな」
銀時「みんな仲間だもんねー。でも、銀さんの二丁目のバイト先には極秘」
桂「職場恋愛禁止だからな」
銀時「バレる前に辞めちゃおうかなぁ…。でも、その前にヅラ子が辞めるよね?」
桂「ああ。俺が辞めれば問題ないんだから、気にするな。やっぱりあの時給はおいしいだろ?」
銀時「そうなんだよねェ」
桂「飲み過ぎで、身体だけは潰すなよ」
銀時「うん。ありがとー」

Q15:タチ?ネコ?
銀時「リバでーす」
桂「俺も一応リバ。後ろが使えないことはない」
銀時「でもー、ヅラが受け身ヤラせてくれるのって、10回のうちの2、3回だよ」
桂「逆がいいのか?」
銀時「いやぁ、なんか最近、これでもいっかなァ…って」
桂「だったらいいじゃないか」
銀時「でも、たまにはヅラん中入りたいよ」
桂「ああ、たまにな、たまには(痛いからあんまり受けはしたくないんです)」

Q16:どれくらいHしてますか?
銀時「ほとんど毎日」
桂「銀時がパー子の日以外は、ほとんどしてるな」
銀時「夏休みになったから回数増えたしね」
桂「それは、俺達だけじゃないだろう、きっと」
銀時「そうだよね」
桂「毎日泊まりに来ていいんだからな(皆には話してませんがストーカーのことも心配だから)」
銀時「ぅん」

Q17:同性が好きだって気付いたのはいつ?
銀時「銀さんは中学生。すっげぇかっこよくて優しいクラスの子がいたんだよね」
桂「俺は…。未だによくわからない。男が好きだと言うよりは、銀時が好きなだけだからな」
銀時「…今のきた。すげー殺し文句。ヤバイよ、俺、ますますヅラにハマりそう」
桂「思ったことを言ったまでだ」
銀時「もー、銀さん泣くよ?(嬉しすぎて)」
桂「泣きたかったら、泣いてもいいんだぞ?」
銀時「今はイヤっ…(みんな見てるもん)」

Q18:初体験は?
桂「これは男の話か?男は銀時が始めてだ。今年の2月頃だったか?」
銀時「いや、あれは沖田君の合格祝いした時だから、3月じゃないかな」
桂「そうだったか。とにかく、銀時に乗られたのが初めてだ」
銀時「男じゃ勃たない!って言ってたよね、ヅラ」
桂「………放っといてくれないか」
銀時「ホントに勃たなかったら、銀さん諦めてたと思う」
桂「そりゃお前が舐めたりするから…」
銀時「だって、ヅラにも気持ち良くなって欲しかったから頑張ったもん」
桂「お前の初体験はどうなんだ?」
銀時「銀さん男は高校の時。なんか無理矢理?みたいな感じだったんだけど、そんな嫌いな子じゃなかったからいいや、みたいな感じで」
桂「それは(受け攻め)どっちなんだ?」
銀時「その時に、その子と両方したの。学校の理科室で。ムードも何もないけどね」
桂「それで、どうなったんだ…?」
銀時「ちょっとだけ付き合ってたけど、すぐ別れたよ。よくある話よ。女の子とは、1ヶ月で別れるなんてそうそうないのにねぇ」
桂「それもそうだなぁ。3ヶ月で『長いな』って言われて驚いたぞ、俺は」
銀時「ゲイってそんなもんよ。ねぇ、ヅラは女の子と初めてしたのはいつ?」
桂「高校の時に、初めて付き合った子としたのが最初だな」
銀時「なんで別れちゃったの?」
桂「2つ下だったからな。俺が大学に来て、なかなか会えなくなってな」
銀時「俺らと同い年かぁ…。やっぱりヅラって、年下好き?」
桂「そうかもしれんな。あと、俺には遠距離は無理らしいな」
銀時「遠距離は寂しいよぅ。今その子どうしてんの?」
桂「さぁ?……それより、お前の女の子との初めては?」
銀時「女の子としたのは、中学ん時。先輩に食われちゃった」
桂「なんか、お前、そういうの多いな…」
銀時「んー?そかなァ?」
桂「俺は絶対、無理矢理したりしないからな」
銀時「大丈夫だよー!ヅラとしたくてたまんないのは銀さんの方だもん」
桂「そうか…?」
銀時「ヅラの身体触ってるだけで気持ち良いんだもん。すべすべしてて(言いながら桂の手を頬に)」
桂「帰ったらするか…?(そのまま銀時の顔を撫で撫で)」
銀時「(小さく)ぅん…」

Q19:相手の身体のどこが好きですか?
銀時「肌は今言ったからァ、このー、超サラサラストレートヘア」
桂「そうだったのか?」
銀時「もちろん全部好きだけど。ストレートって憧れー」
桂「天パだっていいじゃないか。ふわふわしてて、面白いぞ?」
銀時「面白いってなによー!(ちょっと拗ねた)」
桂「すまんすまん。俺も、お前のことは全部好きだから安心しろ」
銀時「ホントに?」
桂「でなきゃ付き合ってないからな」
銀時「ヅラ…」

Q20:最後に一言どうぞ
桂「とりあえず、4月からどうなるかはわからないが…」
銀時「地方の支社とか行かないでよぉ」
桂「どこに配属になるかはまだわからんからな…。一応関東圏内がいいという希望は出せるらしいが」
銀時「ねー、ヅラぁ」
桂「ヅラじゃない、桂だ」
銀時「銀さん、ヅラが大好きなんだからねっ!」
桂「俺だって。好きだ、銀時(そういってフレンチキス)」
銀時「みんな見てるよ?」
桂「続きは俺の部屋で、な」


お疲れ様でしたァ


質問は高階が作成しました。




















No reproduction or republication without written permission.